トップ > 税金について > 還付申告とは

還付申告とは

確定申告をしなくてもよい人でも、源泉徴収された税金や予定納税をした税金が年間の所得について計算した税金の額より多いときは、確定申告をすることに よって、収めすぎの税金が還付になります。この申告を還付申告といいます。還付申告ができるのは、その年の翌年の1月1日から5年間です。

還付申告の具体例

サラリーマンは、次のような場合に還付申告をすることができます。
(1) 年の途中で退職し年末調整を受けずに源泉徴収税額が収め過ぎとなっているとき
(2) 一定の要件のマイホームの取得などをして、住宅ローンがあるとき
(3) 多額の医療費を支出したとき
(4) 特定の寄付をしたとき
(5) 配当所得があり配当控除を受けるとき
(6) 災害や盗難などで資産に損害を受けたとき
(7) 特定支出控除の適用を受けるとき

還付申告ができない場合の具体例

次の所得について、源泉徴収された所得税については、源泉分離課税になっていますので、確定申告によって還付を受けることはできません。

(1)銀行預金などの利子所得や投資信託の収益の分配等で一定のもの
(2)特定の金融類似商品から応ずる所得
(3)特定の割引債の償還差益
(4)懸賞金付預貯金等の懸賞金等

還付申告をするときの注意事項

(1) 既に還付申告をしている人が、その申告した年の分について、納めすぎの税金がまだ有る場合には、還付申告ではなく、更正の請求という手続きを取る必要があります。この更正の請求が出来る期間は、原則として還付申告所を提出した日または所得税の法廷申告期限のうちいずれか遅い日から1年以内です。
(2) 還付申告所の提出先は、提出するときの納税地を所轄する税務署です。

 

株式会社一平不動産
(湘南台駅前店)
〒252-0804 藤沢市湘南台
1-4-11
電話:0466-46-6677